子供居ない夫婦の将来はどう考える?

子供居ない夫婦の将来はどう考える?

この記事では、子供居ない夫婦の将来をどう考えるかについてお話します。子供居ない将来をどう描いていいかわからないという方は、良かったら参考にしてみてください。

 

子供居ない夫婦の将来は暗いの?

子供居ない夫婦の将来を暗いと考える必要はありません。子供が居なくても人生を豊かに過ごしている夫婦はとても多いです。逆に、子供が居るから幸せというわけでもないのではないでしょうか。価値観は人それぞれ違いますので、他人と比べて自分は幸せ・不幸せと思うよりも、今の自分の置かれている状況をよりよくするのはどうしたらいいのか、夫婦で話し合うことが重要です。

 

始めから子供居ない生活を思い描いている夫婦もいるかもしれませんし、子供が欲しくても様々な事情があって授かることができなかった夫婦もいるはずです。それでも様々な葛藤と苦しみを夫婦で乗り越えてきたからこそ、深い絆があります。悲観しながらの将来設計よりも、前を向き夫婦でどれだけ楽しく幸せに暮らしていくかという夢の詰まった将来設計を心がけましょう。

 

子供居ない夫婦のメリット
金銭的に自由

子供居ない夫婦だからこそ、金銭的に自由になる部分が多いです。旅行や将来設計も自分たちを中心に自由にお金を使えます。貯蓄に関しても、子供の教育費や生活費にかかるお金が必要ないため、夫婦の将来設計をしっかり立ててれば目標に向かっての貯蓄を全力でできます。

 

夫婦仲が良い

子供がいるとどうしても夫婦それぞれが「お母さん」「お父さん」という立ち位置になり、子供中心の生活になります。ですが、子供居ない夫婦はお互いに意識を向けあうことになるため、夫婦仲が比較的いいといえます。

 

子供にかかる負担や苦労がない

子供居ない夫婦のメリットとして、子育てをする上での負担や苦労がないことが挙げられます。子供にかかる金銭的な負担や、子供が人に危害を加えたり加えられたりするのではないかという心配、人間関係の難しさ、共働きが出来ないといった不安を抱く必要があります。

 

子供が居ても居なくてもそれぞれの苦労と幸せがある

子供が居る夫婦にとっても、子供居ない夫婦にとってもそれぞれ苦労も幸せも違います。特に子供を望んでいたのに、子供を授かることができなかった夫婦の場合は、周りからの何気ない一言に傷ついたり、子供を見るたびに切ない気持ちになったりすることもあるかと思います。また、老後もパートナーを失った後自分が天涯孤独になってしまうのではないかという不安もあるのではないでしょうか。

 

でも、例え子供が居ても親子関係が悪く傷つけあったりののしりあったりする親子もいるわけですので、子供が居ても居なくてもそれぞれの苦労と幸せがあるわけです。ですから、前を見ていかに夫婦で将来を楽しく幸せに暮らしていけるかをよく話し合って、充実した人生を送りましょう。

 

まとめ

子供居ない夫婦の将来を悲観する必要は全くありません。子供が居ても居なくてもそれぞれの苦労と幸せがあるわけなので、前を向かって夫婦でいかに楽しく幸せに暮らしていけるかをよく話し合いましょう。