すれ違い夫婦が仲良く暮らすコツについて教えて!

すれ違い夫婦が仲良く暮らすコツについて教えて!

この記事では、すれ違い夫婦が仲良く暮らすコツについて、お話します。すれ違いを解消して仲良くしたいと思っている夫婦は、良かったら参考にしてみてくださいね。

 

すれ違い夫婦が仲良く暮らすコツが知りたい

仕事が忙しかったり、お互い会話がなかったりしてすれ違ってしまう夫婦はとても多いです。それに気が付くことが出来ればいいですが、気が付かないまま年月を重ねてしまうと、すれ違いから大きな溝が出来てしまい、夫婦の関係性を改善できないまま別れてしまうということにもなりかねません。

 

ですから、「最近すれ違っているな」と思ったら、仲良く暮らすためのコツを実践してみましょう。

 

仲良く暮らすコツは?
近況を報告しあう

生活がすれ違っている場合は、お互いに近況をLINEなどで知らせあいましょう。忙しいのであれば、返信不要と添えておくといいですね。我が家も、夫が忙しくてあまり話をする時間がない時は、一方的にこんなことがあったという普段のさりげないことでも、こまめにLINEしていました。返信はしなくていいと言っていましたが、時間のある時に連絡をくれて主人も近況を報告してくれたので全くすれ違いは感じませんでしたよ。

 

お互いに予定を合わせる日を作る

会話がないとか仕事が忙しいことが原因のすれ違い夫婦は、時々お互いに予定を合わせる日を作りましょう。頻度が多いと負担になってしまいますが、1カ月に1度でもデートする日を作っておくと、話をする機会にもなりますし、距離を縮めることが出来るため、仲良く暮らせますよ。

 

お互いの時間も大事にする

すれ違っているからと、相手が今何をしているのかばかり気にしていては、しんどいですし、束縛しやすくなってしまって相手も窮屈で負担に感じてしまいます。ですから、仲良く暮らすコツとして、お互いの時間も充実させて楽しみましょう。お互いの時間が充実していると、魅力的に見えますし、お互いに刺激を受けてよりよい関係を築くことが出来ますよ。

 

お互いを思いやる

すれ違い夫婦は、空いた時間があれば、自分のできる家事や相手のことを思った行動をさりげなくするのがおすすめです。自分のことを思ってやってくれたんだと思うと、すごくうれしいですし、次は自分もしようといった具合に相乗効果が生まれ、よりよい関係を築けますよ。

 

子供がいる夫婦は要注意

子供のいるすれ違い夫婦は、より仲良く暮らすにはコツが必要です。

 

片方に家事や育児の負担がかからないように

子供がいるすれ違い夫婦は、片方に家事や育児の負担がかかりやすくなってしまいます。細かくコミュニケーションをとらないと、不満がたまってしまいますので、より細かく連絡を取り合うようにしましょう。平日忙しいのであれば、休日に家事や育児に全力投球するなど、自分も積極的に関わるという意思を見せるようにするのがおすすめです。

 

構図が1対複数人にならないように

よくあるのが、仕事で忙しい夫が家族の中で疎外感を感じ、1対複数人の構図になってしまうことです。こうなってしまうと、夫は居場所がなくなってしまって、余計に距離感のあるすれ違い夫婦になってしまいます。子供の前で夫(妻)の悪口や愚痴を言ったりするのは厳禁です。

 

まとめ

すれ違い夫婦は多いかと思いますが、ちょっとしたコツを実践するだけで、仲良く暮らすことはできます。一緒に過ごす時間が長ければ、気を遣わなくなることもありますが、お互いに思いやることを心がけてくださいね。