子育ての中でYouTubeは上手に利用しよう!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

子育ての中でYouTubeは上手に利用しよう!

近年、YouTubeを子どもに見せているという、子育て中の親御さんはとても多いのではないでしょうか。我が家も子どもたちは毎日必ずYouTubeを見ています。ただ、どの子育て家庭でも悩まれると思うのですが、YouTubeって悪影響なイメージが強くないですか?私も実際そうでした。でも、YouTubeって、悪いことばかりではなかったりするんです。

 

ちょっとしたポイントを押さえておけば、YouTubeは子育てにおいていいこともあったりするので、ぜひ参考にしてみてください!それでは1つずつみていきましょう。

 

YouTubeを見せるメリット

(1)興味の世界が広がる
YouTubeは確実に子どもの世界が広がります。もちろん知って欲しくないこともありますが、それでも興味の世界は広がりますね。我が家の娘たちも、YouTubeを通じて「音フェチ」とか「スライムパレット」など独特の言葉を使いますが、音に対しての興味が広がりましたし、スライム一つで遊ぶのにもただ作るだけなく、遊びが一気に広がりました。発想が豊かになりますね。

 

また、長女はピアノのYouTubeを見て、真似してピアノを弾くようになり、確実に技術が上がりました。興味のあることについてはとことんやろうとするので、YouTubeを見せてこんないいこともあるんだなと思えましたよ。

 

(2)ここぞという時の子守になってくれる
子育ての中で子どもを連れて外出した時、どうしてもここでは静かにしてもらわなければ困るという時がありますよね。そんな時、ここぞという時にYouTubeを見せると、静かに見てくれるので、子守の最終兵器として使われる親御さんをよく見かけます。

 

YouTubeを子どもに見せるデメリット

(1)依存する
YouTubeは子守代わりになってくれるので、子育ての中で親もついつい見せてしまいますが、すごく依存性が高いです。親としてはどうしてこんなものが面白いんだろうと思うような動画を食い入るように見入っていたりしますよね。一度子どもにYouTubeを見せると、YouTubeばかりになって、外で遊んだりしなくなってしまいます。

 

(2)子どもに悪影響のチャンネルがある
YouTubeは色んな人が色んなジャンルの動画をアップします。子どもにとっては刺激的で過激すぎる動画も沢山あるので、気が付いたら子どもがYouTubeの影響を受けて良くないことをしてしまったなんてことも考えられます。

 

上手にYouTubeを取り入れる方法

(1)時間を決める
YouTubeは依存性が高いので、時間を決めて見せるようにしましょう。我が家も放っておけば、子どもたちは休日なら一日中見てしまいます。だから、何時間という約束事を決めていますよ。

 

(2)大人の監視の下で見せる
子どもだけで部屋にこもって何時間もYouTubeを見るのはあまり良くありません。というのも、YouTubeは色んな動画がアップされているので、子どもにとって悪影響なものも多くあるわけです。だから、大人がいる環境でYouTubeを見せるというのは、子どもが小さいうちはとても大事なことになります。また、親が子どもがどんな動画を見ているのか把握すれば、子どもとのコミュニケーションツールにもなりますよね。

 

(3)YouTube Kidsの利用を検討する
お子さんが小さいうちは、YouTube Kidsを利用すると安心して見せることが出来ます。子ども向けのYouTubeしか見ることが出来ないので、これはちょっと見せたくないなという動画を気にしなくても済みます。

 

(4)一方的に「見てはダメ」はよくない
YouTubeを「見てはダメ」と言ってしまうと、子どもも反発してしまいます。それならば子育ての中で親が、読書や外遊び、工作など他の楽しみに誘導して調節するようにしてあげられるといいですね。楽しみの一つとして捉えられると、子どももバランスを取りやすくなりますよ。

 

まとめ

YouTubeを見せることに対して悩む子育てママはとても多いのではないでしょうか。我が家も始めはかなり神経質になっていました。でも、YouTubeが子どもの世界を広げてくれるということを今はよく分っています。だから、一概に否定するのもよくありません。ましてやこれからの時代は、どんどん子どもたちもこうした便利なツールを使いこなしていくことになります。

 

だから、上手に付き合えるようにサポートしてあげられるといいのではないでしょうか。そのためにも、親御さんも一緒にYouTubeを見たり時間を決めることがとても重要になってきますので、ぜひそのことを念頭に置いてYouTubeを見せるようにしましょうね!


このエントリーをはてなブックマークに追加