子育てで疲れるな…と感じたら注意しよう!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

子育てで疲れるな…と感じたら注意しよう!

子育てで「疲れるな…」と感じるお母さんはとても多いです。でも、そのちょっとした疲れをそのまま放置して蓄積してしまうのは要注意です。

 

子育てに疲れるなと感じる時

(1)子どものイヤイヤ期
子どものイヤイヤ期は仕方がないとわかっていても、一方的に癇癪を起されたり、何を言っても聞き入れてもらえなかったりするので、すごく疲れます。心の余裕がないと、泣きたくなりますし、つい怒鳴ってしまいそうになりますよね。

 

(2)思うように家事が出来ない
子育てをしていると、子どもに家事の手を止められることがよくあります。これって実はかなりストレスを感じませんか?洗濯物を干してしまいたいのに!とか、食器を洗ってしまいたいのに!という時に限って、駄々をこねられたりすると本当にイライラしちゃいますよね。

 

(3)寝不足
乳幼児期は寝不足になりやすいです。昼夜問わず授乳で起こされますし、ようやく寝るようになったと思ったら、夜泣きが始まったり、まとまって睡眠を取るのが難しい時期が続きます。睡眠不足は身体の疲れが取れないですし、イライラもしやすいです。

 

(4)慣れない子育て
一人目の子育ては“疲れるな”と気づきにくいくらい、心が張り詰めています。なれない子育ては疲れがたまりやすいので要注意です。

 

(5)年齢の離れていない兄弟に疲れる
子どもが小さい時は、とにかく喧嘩が絶えません。特に歳の離れていない兄弟は、今一緒に遊んでいたと思ったら、すぐに喧嘩が始まるので思わずため息が出てしまいますね。

 

疲れるなと感じたら

(1)自分の時間を確保
疲れるなと感じたら、まずは自分のリラックスできる時間を確保しましょう。理想なのは、ご主人が子育てに積極的で、可能な限り奥さんの時間が取れるようにサポートしてくれることですが、なかなかそうはいきませんよね。近くに実家や義実家があれば、お子さんをちょっと預かってもらってリフレッシュタイムを持ちましょう。近くに助けてくれる人がいないという場合は、お金はかかりますが子育てサポートのサービスを受けてみてはいかがでしょうか。一時保育やファミリーサポートセンター、ベビーシッターなど探してみると身近には色んなサポートがありますよ。

 

(2)完璧主義は捨てる
家で専業主婦をしていると、家にいるんだから出来て当たり前と思われているんじゃないかとか、家にいるんだからちゃんと家事も子育てもしなければという気持ちが生じます。でも子ども相手なので、完璧主義なんて目指せません。実際、朝掃除機をかけても昼には部屋の中はめちゃくちゃです。そんな状態で夜主人が帰ってくると、「今日は掃除してないの?」とため息交じりで言われたりすると、すごく傷ついてしまいます。

 

でも、主人が休日の日に掃除機をかけてもらいましたが、かけたそばからどんどん子どもたちに汚されていく様子を見て、愕然としていました。それから、「今日もお疲れ様」と主人も私に対して労いの言葉をかけてくれるようになりましたよ。だからご主人にも子育ての大変さを味わってもらって、家にいるから出来ると思わないで欲しいということをしっかり伝えるのは、すごくおすすめです。

 

「疲れるな…」を放置するのは要注意!

子育ては楽しかったり充実感がある反面、コミュニケーションを思うように取ることが出来ない子どもが相手なので、疲れを感じるのは当たり前です。ただ、その疲れをそのまま放置してしまうと、疲れが積み重なって子育てがしんどくなってしまうかもしれません。心のバランスが取れなくなり、精神的な病気を引き起こしかねないので、こまめに気分をリフレッシュして心のリセットをしてあげるようにしましょうね。

 

まとめ

子育ての中で“疲れるな…”と感じるのは決して特別なことではありません。でも、こまめに心をリフレッシュしてリセットしなければ、どんどん疲れがたまってしんどくなってしまうので、出来るだけ疲れを溜め込まないよう意識するようにしましょうね!


このエントリーをはてなブックマークに追加