子育て中は腰痛にご用心!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

子育て中は腰痛にご用心!

子育て中に腰痛に悩むお母さんはとても多いのではないでしょうか。この記事では、どうして腰痛になりやすいのか、どういったことに気を付けて過ごすのが望ましいのかについてお話します。ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

なぜ腰痛に?!

(1)妊娠中からの骨盤の歪み
妊娠すると、女性ホルモンが変化して、子どもを出産するための準備で骨盤が開きやすく、歪みやすくなっています。またお腹が大きくなるにしたがって、腰痛を訴える人も多いですが、それは大きなお腹を支えようと反り返る姿勢が大きく関係しているんです。出産後に腰痛が改善するという人がほとんどですが、妊娠中の姿勢が癖づいて腰痛が改善されないという人もたくさんいます。そして一旦開いた骨盤が出産後に閉まる際、歪んだまま骨盤が締まってしまい、慢性的な腰痛になってしまい、子育てが大変という方も少なくありませんよ。

 

(2)子育て中の姿勢
子育ては赤ちゃんの目線に合わせたり、授乳で身体が傾く姿勢になったり、中腰をキープしたり、抱っこをしなければならなかったりで、姿勢が悪くなりがちです。変な姿勢をとることで、筋肉や骨に負担がかかり骨盤を始め身体が歪んでしまって腰痛になりやすいです。

 

(3)抱っこ
子どもの抱っこは腰に負担がかかります。特に、小さな子どもを抱き上げるという動作自体が、上手に身体を使わないと腰に大きな負担となります。子どもを椅子に乗せて抱っこするとか、子どもを身体に引き寄せるまでの距離を、出来るだけ狭くしないと腰を痛めますよ。

 

腰痛対策

(1)ストレッチ
腰痛予防のストレッチを正しい姿勢で行いましょう。ネットで検索しても出てきますし、保健センターや病院でも資料をもらえる場合がありますよ。ストレッチをしながら、腰回りの筋肉を鍛えると腰痛予防にもなります。

 

(2)腰痛ベルト
私は二人目の出産前まで介護の仕事をしていたのですが、介護は腰に負担がかかるため、腰痛ベルは欠かすことが出来ませんでした。だから子育て中の腰痛対策にも、腰痛ベルトをすると、圧倒的に腰への負担は減りますし楽になりますよ。妊娠中に二人目の妊娠中に、トコちゃんベルトを購入して使っていましたが、トコちゃんベルトも骨盤の歪みを予防しながら少しずつ産後の骨盤を締めてくれるので、妊娠中から産後にかけてかなり重宝しました。

 

(3)正しい姿勢を心掛ける
子育てで子どもを抱っこしたり授乳する時には、どちらかの向きばかりにすると、身体が歪みやすくなります。子育てだけでなく、買い物をして買い物袋を持ったり座る時にも足を崩す際、どちらかばかりだと確実に身体は歪みます。左右均等に負荷をかけるようにして、正しい姿勢を意識するようにしましょうね。

 

子育て中に腰痛になってしまったら

(1)病院や整体を利用して治療
子育て中の腰痛は、いつものことだからとそのままにしておくと、どんどん悪くなってしまうかもしれません。出来るだけ病院や整体を利用して、プロの意見を聞きながら生活をすると、治りも早くなりますし、腰痛と上手に付き合っていくことができますよ。

 

(2)子育てアイテムを上手に活用
移動で出来るだけベビーカーを使ったり、抱っこ紐・おんぶ紐を購入する時には腰に負担がかからないものを選ぶなど、出来るだけ子育てで腰に負担がかからないようなアイテムを取り入れましょうね!特にエルゴの抱っこ紐は、腰回りのサポートがしっかりしているので、肩や腰にかかる負担が少なくて済みますし、装着して楽でした。

 

まとめ

子育て中に腰痛で悩まされる人は多いかと思いますが、子育てをしているとどうしても無理な姿勢をとりがちになってしまうため、腰痛を引き起きしやすいです。便利で性能の良い子育てアイテムを使いながら、腰に負担がかからないような姿勢を日ごろから心掛けるようにしましょうね!


このエントリーをはてなブックマークに追加