妊娠中の食事はここに注意!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

妊娠中の食事はここに注意!

この記事では、妊娠中の食事で注意したいことについてお話します。妊娠中の食事でどんなことに注意すればいいのか気になる方は、良かったら参考にしてみてくださいね。

 

妊娠中の食事は時期によって注意が必要!

(1)妊娠初期
妊娠初期は、つわりがひどく食事を摂ることが出来ないという人も多いですよね。この時期は一生懸命にバランスの良い食事を摂らねばと頑張る必要はありません。そのストレスがかえってつわりをひどくさせてしまうことも考えられます。食べられるものを食べて、心穏やかに過ごすことが出来るようにしましょうね。妊婦用の栄養サプリメントが飲めるようであれば、サプリメントを利用しながら乗り切りましょう。

 

(2)妊娠中期
妊娠中期は、つわりが落ち着き食事をしっかり摂ることが出来るようになってきます。出来るだけバランスの良い食事を心がける必要がありますし、食べ過ぎに注意しなければ体重が増え過ぎてしまいますよ。適度に運動も取り入れながら、体重が急激に増えないように気をつけましょうね。急激な体重の増加は妊娠高血圧症候群を引き起こす可能性も高くなりますし、そうなると母子ともに危険な状態になるので、入院が必要となりますよ。

 

(3)妊娠後期
妊娠後期になると、更にお腹は大きくなり子宮に胃が圧迫され、一度に食事をたくさん摂ることが出来ないという人もいるかもしれません。いっぺんに食べようとしなくても、回数を分けて少しずつ食事を摂るのも一つの方法です。ただ、小分けにして食べると、つい食べ過ぎてしまうことも考えられるので、一日にこれくらいというのをあらかじめ決めて用意しておくと、食べ過ぎを防ぐことが出来ますよ。妊娠後期も引き続き妊娠高血圧症候群を防ぐためにも、急激な体重の増加につながるような食べ方には気をつけましょうね。

 

妊娠中を通して、食事で注意したいこと

(1)葉酸を摂ろう!
妊娠してよく言われるのが、「葉酸」の摂取の重要性です。葉酸は赤ちゃんがお腹の中で成長するうえで、絶対に欠かすことが出来ない栄養素ですし、“造血ビタミン”と呼ばれるくらい赤血球を作る上で重要な役割を果たしています。妊娠中は血液量がアップするので貧血にもなりやすいため、とにかく葉酸は超重要な栄養素と言えますね。だから食事で葉酸が含まれる食材を積極的に摂るようにしましょう。調理の際、葉酸は過熱することで失われてしまうので、出来るだけ加熱せずに食べる方法を選択するのが望ましいですよ。

 

(2)上手にサプリメントを!
葉酸を始めとする妊婦が積極的に摂りたい栄養素を食事から摂れているか心配だという場合には、サプリメントを利用すると、必要な栄養素を補うことが出来ますよ!妊婦専用のサプリメントが多く販売されているので、店頭でチェックしてみてくださいね。この際に注意したいのが、サプリメントの過剰摂取です。身体にいいからと、用量を超えて飲んでしまうと逆に体に良くない影響が出てしまうこともあります。事前に一日の用量をよく確認して、上手に利用しましょう。

 

(3)神経質になり過ぎはダメ
妊娠中の食事を徹底的に管理しなければと、神経質になり過ぎるのはよくありません。ストレスになってしまいますよ。妊娠中のストレスはお腹の張りにつながったりもするので、出来るだけリラックスして過ごすことが出来るように努めたいところですね。

 

甘いものが好きなら、脂質の多い洋菓子よりも脂質が少ない和菓子を選択するとか、置き換えたりすることでカバー出来ますし、時々なら食べ過ぎない程度に食べたい物を食べたらいいのではないでしょうか。もちろん、病院から糖質の制限が出ていたりするのであれば気を付けなければなりません。でも制限がなく妊娠も順調なら楽しみを時々入れて、メリハリのある食事を摂った方がストレスなく食事管理をすることが出来ますよ!

 

出来れば妊娠前から食事に注意を!

妊娠中、赤ちゃんの成長に絶対欠かすことが出来ない葉酸のお話をしましたが、葉酸は妊娠に気が付くか気が付かないかの超妊娠初期から重要な役割を果たしているんです。というのも、受精卵は目まぐるしい細胞分裂を繰り返して、お母さんのお腹の中で10か月かけてどんどん成長をして、お母さんのお腹から外の世界へ出ていくわけです。

 

特に卵子と精子が受精した直後から細胞分裂は始まり、始めの段階で心臓や神経といった重要な器官が次々に作られていくので、葉酸が不足してしまうと、先天性の障害リスクが高くなってしまいます。だから、妊娠前から葉酸のサプリメントを摂取したり、食事に気を遣うようにするのが断然おすすめですよ。

 

まとめ

妊娠中は、食事に注意が必要です。お腹の中に赤ちゃんがいる10か月はあっという間ですが、それでも10か月間食事に気を遣い続けるのは大変なことですよね。肩に力が入り過ぎていると、続けるのもしんどくなりますので、出来るだけリラックスしながら上手に食事を摂っていくことが出来るよう工夫をしてみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加