乳幼児突然死症候群が怖い!気を付けることはある?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

乳幼児突然死症候群が怖い!気を付けることはある?

この記事では乳幼児突然死症候群についてお話します。どんなことに気をつければいいのか知っておきたいという方は、良かったら参考にしてみてくださいね!

 

乳幼児突然死症候群が怖い!

乳幼児突然死症候群は、何の兆候もないのに、睡眠中に赤ちゃんが突然そのまま原因不明で亡くなってしまう病気です。これは本当に怖いですよね。乳幼児突然死症候群を発症する月齢として、1歳までの赤ちゃんに多いとされています。私も初めて聞いた時はこんな病気があるんだとびっくりしましたし、子どもを産んで育てるようになってからは、夜中も息をしているか何度も確認したりしていましたよ。

 

どんなことに気を付けたらいい?

乳幼児突然死症候群は原因が分からないことにやりきれなさと怖さがあります。それでも、発症率が低くなるポイントというのがあります。

 

赤ちゃんは仰向けに寝かせる

私の母が言っていましたが、ひと昔前は赤ちゃんのうつぶせ寝が、赤ちゃんの心肺機能を向上させたり、首の座りを早くするとされ、推奨された時期があったそうです。
でも今は違います。乳幼児突然死症候群の発生率が、仰向けに寝かせた時よりも、うつぶせに寝かせた時の方が高いという研究データがあるんです。だから、乳幼児突然死症候群を予防する観点でも、出来るだけ赤ちゃんを寝かせる時は仰向けで寝かせる方が良いですよ!ただし、子どもによっては障害や持病で仰向けで寝かせるのが危険な場合もあるかもしれませんので、その場合はお医者さんとよく相談をしてくださいね。

 

喫煙をやめる

たばこは乳幼児突然死症候群を発症するリスクが高くなります。それくらい、たばこは人体への悪影響があります。妊娠中から喫煙や受動喫煙には気を付けた方がいいですよ!

 

母乳を飲ませる

乳幼児突然死症候群は、母乳で育てられている赤ちゃんの方が、発症率が低いという研究データがあります。もちろんミルクで育てなければならない事情もあるでしょうが、母乳で育てることが出来るのであれば、母乳を与えてみてくださいね。

 

参考資料:厚生労働省 乳幼児突然死症候群(SIDS)について

 

厚着をさせない

私が保健センターの保健師さんに教えてもらったのが、上記3つ以外に、厚着をさせないことです。乳幼児突然死症候群は冬に起こりやすいそうで、服を着せすぎたり、布団をかけ過ぎてしまうと、赤ちゃんの体温調節が上手く行かず熱がこもってしまうことがよくあります。熱のこもり過ぎで、乳幼児突然死症候群が引き起こされることも考えられるので、熱がこもり過ぎるような寝かせ方はしない方がいいという、アドバイスをもらいましたよ。

 

柔らかすぎる寝具を使わない

これも保健センターの保健師さんにアドバイスをもらいましたが、出来るだけ赤ちゃんの寝具は柔らかすぎないものを選ぶといいみたいですね。特に敷布団は赤ちゃんがいつの間にかうつぶせ寝になってしまっていた時、体の沈み具合によっては窒息してしまうこともあります。また、羽毛布団などは赤ちゃんが手足を動かしている間に上に上がってしまい、呼吸を妨げてしまうことにもなりかねません。柔らかい布製のおもちゃもそうです。

 

いつの間にか口元に移動してしまい、口元をふさいでしまうことが十分考えられるので、気を付けてくださいね。赤ちゃんの枕元には何も置かないのが無難です。ちなみに、1人目の子育ての時、私の母はベビー布団についていたフニャフニャの枕を、「こんなもの使って、もしも赤ちゃんがうつぶせになったら死んじゃうじゃないの!」と言ってすてました。でも、それくらい気を付けた方が良いんだろうなと、気がひきしまりましたね。

 

まとめ

乳幼児突然死症候群は、これという確実な原因は分かっていません。でも予防するために出来ることはあるので、後悔しないためにも、大事な我が子の命を守るためにも、出来ることはやっておきましょう!


このエントリーをはてなブックマークに追加