育児中、生理前のイライラはどうしたらいい?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

育児中、生理前のイライラはどうしたらいい?

この記事では、育児中の生理前のイライラはどうしたらいいのかについてお話します。育児中に、イライラしたくないのに、生理前になるとどうしようもなくイライラしてしまい、子どもにあたってしまって困っているという方は良かったら参考にしてみてくださいね!

 

育児中の生理前のイライラに困る!

私もそうなのですが、育児中の生理前のイライラをコントロールできず困っている方はとても多いのではないでしょうか。いつもなら気にならないようなことでも、生理前になると自分でもどうしようもないくらいイライラしてしまうので、子どもにあたってしまうこともしょっちゅうです。私は3人目の子どもを出産するまで、育児中でも全く生理前のイライラなんてなかったのですが、3人目の子どもを出産してから生理前のイライラに困り始めました。

 

まだ自分の一人や、夫と2人だけなら、夫にイライラをぶつけるだけで済むのですが、育児中に生理前のイライラを子どもたちに向けてしまった後の罪悪感は、すごく大きいですよね。私も毎回「ごめんね、ママイライラしちゃって。」と謝ります。長女は「生理前なんでしょ?」と、何となく原因があってイライラしているということは分かってくれていますが、年長の三女は「今日はママ、怖い日だ」とおびえていると思いますね。

 

この生理前のイライラは、PMS(生理前症候群)と呼ばれ、人によってはイライラするだけでなく頭痛や倦怠感、吐き気などが伴ったり、症状がひどいと本当に辛いんですよね。これは女性ホルモンのバランスが大きく崩れるためです。私の場合は、きっちり生理の3日前からひどくイライラしたり、頭痛がする時もあれば、眠くて起きていられなかったりします。家族に怒鳴り散らしたくて怒鳴っているわけではないのですが、この育児中の生理前のイライラ、何とかならないのでしょうか。

 

育児中の生理前のイライラ、どうする?

育児中の生理前のイライラをどうするかは、単純な方法として生理前のイライラを取り除くための対策を取りましょう。

 

産婦人科で薬をもらう

育児中の生理前のイライラで、子どもにあたってしまうことを避けたいと思うのであれば、産婦人科を受診してお薬をもらうのが一番手っ取り早いです。ホルモンバランスを整えるお薬を処方してもらえるので、かなり気持ちは安定してきますよ。

 

市販薬を服用する

産婦人科に行くのが面倒だけど、何とかしたいというのであれば、市販薬を購入して飲んでみるのもおすすめです。私の友人は“命の母”というのを購入して飲んでいましたが、イライラが減っているような気がすると言っていました。もちろん個人差があるでしょうし、効果がある人もいれば効果のない人もいるかもしれません。

 

夫に協力をしてもらう

事前に、生理が近づいてきたら、旦那さんに生理前のイライラが始まることを伝えておくと、旦那さんも協力してくれるかもしれませんよ。私も、生理前になると主人に「そろそろ生理がくるかもしれない」というと、私のイライラが始まったのを察して、主人が子どもの相手をしてくれたり「ママ、いまちょっと疲れてるから先にお風呂とかは入っちゃいなー」など声をかけて、子どもたちを誘導してくれたりすることがあります。もちろん、主人が仕事でいない時なんかはそういうわけにはいきませんが、休日に生理前のイライラが重なった時なんかはとても助かりますね。

 

子どもにも伝える

子どもに言っても分からないから言わないという人もいるかもしれませんが、子どももどうしてお母さんが豹変するのか分からないと戸惑ってしまいますよね。我が家では子どもたちが3歳~4歳頃から、「ママの中で、どうしようもできない怒りんぼ虫が悪さをする時がある。だからごめんね。」と謝ったりしていました。今は“女性には月に一度の生理があって、その前は体の中のホルモンが乱れるので、とてもイライラしたり頭が痛くなったり、自分でもどうしようもできないくらい荒れてしまう”ということを伝えています。

 

我が家は三人とも女の子なので、いずれは自分もそうなるかもしれないということを理解してもらう意味もあり伝えるようにしていましたが、子どもたちも調子が悪くてママはイライラしているというのがなんとなくわかるようで、イライラしている時はソッとしてくれています。子どもにイライラをぶつけてしまった後は、「さっきはいらいらしてごめん」とギュッと抱きしめていますよ。

 

まとめ

育児中はイライラすることも多いですが、自分自身の生理前のイライラは、コントロールしたくてもホルモンバランスの大きな乱れなので、コントロールするのはとても難しいです。お薬を上手に利用しながら、子どもにもフォローをしつつ、おつきあいが出来るといいですね!


このエントリーをはてなブックマークに追加