育児中のスマホ依存症にご注意を!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

育児中のスマホ依存症にご注意を!

この記事では、育児中のスマホ依存症のリスクについてお話します。気になる方は、良かったら参考にしてみてくださいね!

 

育児中はスマホ依存症になるリスクが高い!
ボタン一つで何でも検索

スマホはとっても便利で、気になることや知りたいことが、スマホを操作してボタン一つで検索出来てしまいます。私も育児のことから日常のことまで何でも、分からないことや知りたいことはスマホに頼ってしまっています。一度この楽さに慣れてしまうと、手放せなくなってしまいますよね。スマホ依存症になってしまうのもよくわかります。

 

SNSの普及

核家族化が進み、育児の孤独化が問題になっています。育児中の孤独な悩みをSNSに吐き出したり、同じような境遇で頑張っている他の人の投稿に励まされたりしていると、それが心の拠り所になりなかなかスマホを手放せなくなってしまいますね。また、友人のSNSをチェックしたり、自分の育児や近況をSNSにアップすることで、人とつながっているという実感が、孤独を解消してくれるという人もとても多いのではないでしょうか。育児をしていなくても、スマホ依存症になる人はとっても多いですが、育児で孤独と戦っている人は、よりスマホ依存症になりやすいかもしれません。

 

面白いアプリが沢山

スマホの普及と同時に、今ではたくさんの面白いアプリが沢山あります。ちょっと子どもが寝た後にスマホのアプリでゲームをダウンロードしてやってみたら、想像以上にはまってしまったなんて経験のある方も多いのではないでしょうか?実は私もいくつかゲームをダウンロードしちゃっていますね。自分でコントロールできるのであれば問題ないですが、授乳中や子どもと遊んでいる時などでもついスマホを手に取って熱中してしまうという場合は、要注意です!

 

育児中のスマホ依存症は良くないの?
子どもの受け止め方に影響を及ぼす

私も三人目の子育ての時、授乳しながらスマホを見るというのをやってしまっていた時期があるのですが、それを見ていた母が「ほら!赤ちゃんが見てるよ!お母さんが全然私をみてくれないって見てるよ!」と言われてハッとしました。子どもがお母さんはいつもスマホばかりで自分のことを見てくれないと感じたり、母親からの愛情を十分に感じられないということもあり得ます。

 

また、子どもが成長してコミュニケーションをとることが出来るようになると、子どもはよくお母さんのことを見ているので「ママ、いつもスマホばっかりいじってる」と言われてしまったりしますよ。私も実は言われたことがあります。更に子どもがスマホを持った時、「スマホばかり見ないの!」と言っても、説得力なんて全くないですね。

 

すべてがスマホで完結してしまう

スマホは本当に便利です。自分の知りたかったことや、言ってほしかったことが検索の仕方次第でいくらでも出てきますし、孤独で寂しくてもスマホ一つでつながれるので、解決出来てしまいます。確かに、育児は孤独になりがちで、心の拠り所があるというのはとても大事なことです。でも、スマホ一つで人間関係や育児が完結してしまっては、あまりに世界が狭くなってしまいますし、スマホの情報を信じすぎてしまうというのは危険です。

 

スマホがなければ不安

スマホ依存症は、スマホが手元になければとにかく不安になってしまいます。子どもと遊んでいても、料理をしていても、寝る前も、出かけていてもとにかくスマホを触ってしまうんですよね。自宅にスマホを置いて出かけたなんてことになると、不安定な気持ちにもなりかねません。

 

子どもに無関心

スマホ依存症になってしまうと、スマホに夢中になっているので子どもに対しての意識が向きにくくなってしまいます。子どもの危険を察知することが出来ず、子どもが危ない目にあってしまうことも十分考えられますよ!

 

育児中、スマホ依存症にならないために

ついスマホの通知音が鳴ると、スマホを手に取ってしまうという方は多いかと思います。でも、メリハリをつけて子どもが起きている時にはスマホを極力触らない方がいいです。私も一時スマホを手にしながら育児をする時期がありましたが、三女から「またママスマホ見てるの?」と言われて、これはまずいなと思って触らないよう心がけました。

 

もちろん電話は出ますし、子どもが別のことに夢中になっている時など、ラインがきていないかチェックすることはありますが、子どもと関わっている時にゲームをしたり動画を見たりSNSをチェックしたりということはなくなりましたね。子どもと関わっている時には、スマホをいじらず、子どもが寝ている時や自分の時間に触るとスマホ依存症になるのを防ぐことが出来ますよ!

 

まとめ

スマホ依存症は現代人なら誰しもが陥ってしまう可能性があります。育児中、忙しくてスマホをいじっている暇がないという人もいれば、孤独でスマホが心の拠り所という人だっていますよね?でも、子どもからするとやっぱりお母さんには自分の方をいつも一番に向いていてもらいたいと思っていますよ!まずはスマホ依存症にならないよう、できるだけ子どもと過ごす時間はスマホを手から離すようにしてみてくださいね!


このエントリーをはてなブックマークに追加