子育てしていると老ける?!なんとかならない?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

子育てしていると老ける?!なんとかならない?

この記事では、子育て中自分が老けることをどう解決するかについてお話します。子育てしていると、どんどん自分が老けてきた気がするとお悩みの方は、良かったら参考にしてみてくださいね!

 

子育てしていると老ける原因は?
自分のことにまで手が回らない

特に乳幼児期の子どもはとっても手がかかります。だからなかなか自分のことにまで気が回りません。ノーメイクで部屋着のまま1日が終わるということも少なくないのではないでしょうか?まさに私もそうでした。自分のことにまで手が回らないのは、老ける原因の一つではないでしょうか。

 

閉じこもりがちな生活

子どもが乳児期のうちは、子どもを連れて外に出る機会が少なくなりがちです。家の中だけでの世界になってしまうと、おしゃれをする機会も減りますし、身支度を億劫に感じてしまいます。生活する世界の範囲が狭くなるということは、自分に気を遣う機会が減り、老ける原因の一つになってしまいます。

 

服装が機能性重視になりがち

出産前までは、おしゃれに気を遣っていろんな服装を楽しんでいたけれど、出産後は動きやすいシンプルな服装の方が楽なので、おしゃれ重視よりも機能性重視の服が増えたという方は多いのではないでしょうか?もちろん機能性重視の服でも、おしゃれに見せることはできますが、「動きやすければいい」という考えでは、人を老けてみせますね。

 

老けないためには?
外に出る

子育て支援センターや児童館、公園、散歩など目的は何でもいいので外に出てみましょう。周りの同じ子育てをしているお母さんも、みんな同じように老けていると思っていたら大間違いです。結構綺麗で若々しい人が多いんですよ!私も経験はありますが、自分が思っていた以上に周りのお母さんはおしゃれに気を遣っていて綺麗なので、老け込んでいる自分が恥ずかしくなってしまいます。外に出ることで、身支度を整えたりおしゃれに気を遣うようになりますし、周りから刺激をもらって自分も綺麗でいようという気持ちになれますよ!

 

意識しておしゃれする

子育てで忙しい中でも、ちょっと意識しておしゃれをすると気持ちが明るくなります。完璧にメイクをしたり、ヘアアレンジを凝ったりするというのは疲れますが、ワンポイントで自分の今日のおしゃれのこだわりを作ってみてはいかがでしょうか。

 

自分へのご褒美

子育てをしていると、ついつい自分のことは後回しになりがちです。自分の身なりを整えるためのものを買うのも躊躇してしまい、先に家族を優先してしまいがちですよね。私もそうなので気持ちはよく分かりますが、ふと鏡を見た時になんだか自分がみすぼらしく老けた感じに見えた時、ちょっと悲しくなっちゃいます。家族も綺麗で可愛いお母さん・奥さんだと嬉しいのではないでしょうか。普段なかなか自分のための物が買えないという場合は、自分への日頃のご褒美として、小物や洋服を買ったり、美容室に行ったりエステに行くなどしてみてはいかがでしょうか。

 

おしゃれなお母さんと関わる

私自身、子どもが幼稚園に通うようになり、自分よりも少し若いお母さんと話をする機会がとても増えました。仲良くなってくると、次第に若いお母さんたちがとてもおしゃれなので、自分が老けている感じがすごく恥ずかしくなってきてしまいましたね。そこから少しずつおしゃれに気を遣うようになってきました。眉毛を整えたり、ちょっとアイシャドウをしてみたり、髪色を明るくしてみたり、ちょっとしたことから始めましたが、主人も前よりも明るく見えていいと褒めてくれて嬉しいです。

 

まとめ

子育てをしていて老ける自分に悩んでいる方はとても多いかと思いますが、ちょっとした心がけ次第でちゃんと若返れます!自分のことに気を遣うことで、自分自身の気持ちも明るくなり笑顔も増えるため、内面から老けた自分と決別することができますよ!老ける自分を嘆く前に、まずは身近な家族に「ママ可愛い」と言われるよう、ちょっと頑張ってみてはいかがでしょうか?


このエントリーをはてなブックマークに追加