妊娠中のヘアカラーはOK 赤ちゃんに影響はない?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

妊娠中のヘアカラーはOK 赤ちゃんに影響はない?

この記事では、妊娠中のヘアカラーはOKかどうかについてお話します。妊娠中にヘアカラーをしたいけれど、赤ちゃんへの影響の有無が分からないので、やってもいいのか分からないとお困りの方は、良かったら参考にしてみてくださいね!

 

妊娠中のヘアカラーはOK?

妊娠中のヘアカラーは、体調が良ければ問題はありません。ヘアカラーの薬剤の成分が、へその緒を通じて赤ちゃんに移行してしまうため良くないというのは、結局のところ医学的な根拠ってないそうです。私も一人目の妊娠中に産婦人科医にヘアカラーをしてもいいか聞いたら、逆に「なんでダメなの?」と鼻で笑われました。だからヘアカラーをしましたよ!私の通っていた美容室でも、妊婦のヘアカラーは問題ないと言われましたよ。ただ妊娠中のヘアカラーは、体調によっては体がしんどかったりするので、注意が必要です。

 

妊娠中のヘアカラーのここがポイント

妊娠中にヘアカラーをしても問題はありませんが、次の3つのポイントを押さえておきましょう。

 

体調が良いときに

ヘアカラーは、カットに比べると拘束時間が長くなりますし、シャンプーで横になる時間も少し長めです。お腹が張りやすかったり、長時間座っておくのがしんどいという時には、やめておいた方がいいかもしれませんね。また悪阻がひどい時期は、ヘアカラーの薬剤のにおいが辛く気分が悪くなってしまうかもしれないので、妊娠初期はよりも安定期に入って、悪阻が落ち着いてからの方がいいですよ。さらに、妊娠後期はおなかが大きくなり、ずっと同じ体勢で座るのが辛かったりします。そう考えると、安定期が一番ヘアカラーを受けやすい時期なのではないでしょうか。

 

妊娠中は体質が変わりやすい

妊娠中は急激なホルモンバランスの変化によって、妊娠していない時には問題ないことでも、妊娠してから肌荒れがひどくなったとか、体調が悪くなったりしやすいです。だから、妊娠してから肌が荒れやすいとか、かゆみが出たりするようであれば、美容院で相談をしてからヘアカラーをした方が良いですよ!

 

美容師に妊娠していることを伝えておく

ヘアカラーをする際、事前に美容師さんに妊娠していることを伝えておきましょう。美容師さんもその方が、急な体調不良が起こった時にも配慮しやすいですし、出来るだけ妊婦に負担のかからないような言葉をかけやすくなります。

 

出産後は美容室に行きにくい

出産後は子育てに追われて、なかなか美容室に行くことができません。私も一人目の時はそこまで気が回らないので、産後ぼさぼさになった髪の毛を気にしながら子育てをしていました。見かねた美容師の友人が、自宅に来てカットしてくれてありがたかったです。だから、出産してからヘアカラーに行くかを迷っている方は、出産前に体調に問題がないのであれば、ヘアカラーをしておいた方がいいかもしれませんね。

 

ヘアカラーに限らず、ヘアカットやパーマをしたいと思っている方にも、同じことが言えます。出産前に美容室へ行っておくと、産後ヘアスタイルを気にしながら子育てをするということになりませんので、良かったら検討してみてはいかがでしょうか。私のまわりの友人も出産前に美容室へ行く人がとても多かったですし、私自身も三人目の出産前は美容室に行って、産後子育てがしやすいよう髪の毛を切りましたが、美容室へ行っておいてよかったですよ。

 

まとめ

妊娠中にヘアカラーをするかどうか迷ってしまう方は多いかと思いますが、妊娠中のヘアカラーは問題ありません。自分の体調と相談しながら、安定期を狙って行っておくと、体にも負担なくヘアカラーを楽しむことができるのでおすすめです!


このエントリーをはてなブックマークに追加