アトピー性皮膚炎の子供のシャンプーは何を選んだらいいの?

アトピー性皮膚炎の子供のシャンプーは何を選んだらいいの?

この記事では、アトピー性皮膚炎の子供のシャンプーはどんなものを選んだらいいのかについてお話します。子供が痒がっているので何とかしてあげたいという方は、良かったら参考にしてみてくださいね!

 

アトピー性皮膚炎の子供のシャンプー選びは大変
アトピー性皮膚炎とは?

アトピー性皮膚炎の子供は、年々増加傾向にあります。皮膚の乾燥や痒みを伴う湿疹を引き起こす皮膚の病気ですが、食物性のアレルゲンやダニやほこりといった環境因子のアレルゲンが体内に取り込まれることによって、発症することが多いです。

 

乳児湿疹と見分けがつきにくいですが、アトピー性皮膚炎の場合は、清潔にしたり保湿したり皮膚のケアをしても治らないところが乳児湿疹との大きな違いです。治療としては症状に合わせて、ステロイドの塗り薬や、非ステロイドの塗り薬、保湿剤、かゆみ止めなどを使い分けますが、乳幼児期のアトピー性皮膚炎は成長と共に改善されていくケースが多いです。ただ、大人になっても移行してしまう場合もありますので、治療を根気強く行う必要があります。

 

アトピー性皮膚炎のシャンプー選びは大変

アトピー性皮膚炎は、肌がとても敏感になっている状態ですので、刺激の強いシャンプーでは余計に湿疹を悪化させてしまうことになりかねません。出来るだけ肌に優しく刺激の弱いものを選ぶ必要があります。

 

アトピー性皮膚炎の子供におすすめのシャンプーはこれ

我が家の長女はミノンを使っています。アトピーではないのですが、普通のシャンプーでは頭皮が荒れてしまって、かゆみが強くフケが出てしまうため、買い換えました。お値段は普通のシャンプーよりは少しお高めですが、アミノ酸系のシャンプーの中では手ごろな価格なので使いやすいです。実際、長女のかゆみの症状が無くなったので、やっぱり変えてよかったなと思いますね。

 

肌に優しい植物性アミノ酸系洗浄成分が配合されているため、頭皮の汚れを落としつつ、頭皮のバリア機能は守ってくれます。アレルギーの原因物質を極力カットしてあるという点も、アトピー性皮膚炎でお悩みの方にとってはうれしいシャンプーではないでしょうか。

 

原材料の95%以上が天然由来の原料を使ってつくられており、オーガニック成分がたっぷり含まれたシャンプーです。荒れてしまった肌をハーブの力で整え、植物オイルや植物由来の有効成分で地肌が潤います。子供でも安心して使うことが出来るので、親子で使ってもいいですね。

 

100%天然由来のアミノ酸系シャンプーです。界面活性剤を使っていないので、必要な油分を残しつつ地肌のバリア機能をキープすることができます。赤ちゃんから使えるくらい、優しい成分で出来ているので、子供も安心して使うことができます。

 

アトピー性皮膚炎は低刺激なシャンプーを選ぼう

アトピー性皮膚炎の子供にとって、肌を清潔にするための洗浄力の高いシャンプーというのは、皮膚への刺激が大きいです。ですから、シャンプーによっては皮膚の状態を悪化させてしまうことになりかねません。

 

  • アミノ酸系
  • 無添加
  • 医薬部外品(薬用)シャンプー
  • ノンシリコン

 

とりあえず、上記の4つを意識して選んでみてくださいね。どうしてもアミノ酸系のシャンプーは普通のシャンプーよりもお高めになりますが、その分肌にとても優しい成分で作られているものが多いので、口コミも参考にしながら購入しましょう。肌に合わないことも考えられるので、少量試してから大容量を購入するのがおすすめです。

 

まとめ

アトピー性皮膚炎でかゆがる子供を見るのは、親としてもとても辛いですよね。少しでもお子さんの症状を和らげることが出来るよう、シャンプーにも注目してみてください。もしかすると、お子さんの症状をかなり楽にしてくれるものが見つかるかもしれませんよ。