子供の風邪をもらわない方法が知りたい!

子供の風邪をもらわない方法が知りたい!

この記事では、子供の風邪をもらわない方法について、お話します。よく子供の風邪をもらってしまいしんどいという方や、子供の風邪をもらいたくないと思っている方は、よかったら参考にしてみてくださいね!

 

子供の風邪をもらわない方法が知りたい!

子供が風邪をひくと、毎年もらってしまってしんどい思いをするという人は多いのではないでしょうか。確かに、子供からもらった風邪はなんだかひどい気がしますし、お母さんが風邪をひいてしまうと、家族の世話が出来ないため困ってしまいます。お母さん自身も、自分が風邪をひくことでしんどいだけでなく、家族のことが気になってなかなか休めなかったりしますよね。無理をしてこじらせてしまったら大変です。

 

では、子供の風邪をもらわない方法はどんなものがあるのでしょうか。

 

子供の風邪をもらわない方法は?
手洗いうがい

子供が風邪をひいていようがいまいが、日頃から積極的に手洗いうがいをするようにしましょう。風邪予防になります。特に手洗いは、手に付いた風邪の菌が口の中に入ってしまうという経路を考えると、非常に重要です。

 

十分な睡眠

睡眠不足は体調を崩しやすくなります。免疫力が下がってしまうため、風邪をひきやすくなりますので、子供が風邪をひいている時は特に十分な睡眠をとるよう心掛けましょう。

 

バランスの良い食事

バランスの良い食事を摂ることも、体調を整えるためには非常に重要です。ついついお母さんは家族が食べることを優先させて、自分一人の昼食などは手軽に食べられるものを食べがちですが、油断せずにバランスの良い食事を心掛けてくださいね。免疫力を上げることができます。

 

ストレスを溜めない

子供の風邪をもらわない方法として、ストレスを溜めないことも重要です。ストレスは不眠を招いたり、免疫力が下がったりしてしまうため、子供の風邪をもらいやすくなってしまいます。ですから、出来るだけストレスを溜めず発散させることを心掛けてくださいね。

 

看病の時はマスク

子供が風邪をひいてしまった場合、もらわない方法としてマスクの着用がおすすめです。出来るだけ不織布のマスクを使うと、ウイルスを通しませんので効果的ですよ。

 

風邪をひいた子供の食べ残しを食べない

ついついお母さんがやりがちな、子供の食べ残しを食べるという行為も、子供の風邪をもらってしまう要因の一つです。もったいない気持ちは分かりますが、せめて子供が咳をしたり鼻水を出したりしている時には、子供の食べ残しを食べるのをやめるようにしてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

子供の風邪をもらわない方法は、意識すればたくさんあります。お母さんが元気でないと、家族みんなが困ってしまいますので、日頃から注意してみてくださいね。