牛乳貧血って何?牛乳は飲まない方がいいの?

牛乳貧血って何?牛乳は飲まない方がいいの?

この記事では、牛乳貧血について、お話します。体いいと思っていた牛乳は飲まない方がいいのだろうかと不安に思われる方は、良かったら参考にしてみてくださいね。

 

牛乳は体に良くないの?牛乳貧血って何?

牛乳は栄養価が高く、子供の成長にとって欠かせないものだと思っている方は多いのではないでしょうか。確かに、牛乳にはたくさんの栄養素が含まれているため、積極的に摂取させたい食材です。ですが、牛乳を多量に摂取しすぎることによって、牛乳貧血を引き起こしてしまうことがあるため、注意が必要です。
牛乳貧血には次の二つが原因とされています。

 

牛乳に含まれる鉄分の量

牛乳には鉄分が豊富に含まれていると思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、実は鉄分の含有量がとても少ないんです。牛乳は体によさそうだし、子供が牛乳を飲むのが好きなのでどんどん飲ませているという場合は、それによってお腹がいっぱいになってしまうことが考えられます。牛乳でお腹がいっぱいになってしまい、他の食材をバランスよく摂取することが出来ない場合、鉄分が足りず鉄欠乏性貧血症になってしまうことがあるため、注意しましょう。

 

牛乳に含まれるカルシウムに要注意

牛乳には、多くのカルシウムが含まれていますが、このカルシウムは鉄分の吸収を阻害してしまいます。ですから牛乳を飲みすぎてしまうと、鉄欠乏性貧血症になりやすくなってしまいます。子供が牛乳を飲むのが好きだからと、際限なく飲ませるのではなく、上限を決めて飲ませる必要があります。

 

牛乳貧血にならないためには?

牛乳は飲ませない方がいいのではないかと思われる方も多いかと思いますが、そんなことはありません。牛乳には牛乳だからこそ摂取できる栄養素が多く含まれています。ただ、幼児が極端に飲みすぎてしまうということがよくないので、そこだけ注意しましょう。では、牛乳貧血にならないためには、どうしたらいいのでしょうか。

 

牛乳を与えすぎない

特に、生後6か月を過ぎたころから、乳児の鉄分が不足し始めますので、1歳を過ぎて牛乳をよく飲むようになったら、子供に与える場合は与える量に注意が必要となります。一日に400mlを超えない量でとどめるようにしましょう。子供のうちはどうしても好きなものばかり食べたがりますし、牛乳は栄養があるしいいかという気持ちになりがちですが、鉄欠乏性貧血症になることを防ぐためにも、バランスの良い食事をとり、一日の牛乳の適量を守るようにしてくださいね。

 

鉄分を多く含む食材を食べさせる

鉄分を多く含む食材を、幼児期の子供の食事に多く取り入れるようにしましょう。

 

  • レバー
  • 赤みの肉や魚
  • ほうれん草などの青菜
  • 海藻類
  • 大豆類

 

鉄分は色んな食材に含まれていますので、バランよく色んな食材を利用してみてくださいね。

 

まとめ

牛乳貧血は気が付かないうちになっていることが多く、たまたま病院を受診して血液検査で判明したということもよくあります。鉄分を補給することで改善しますが、日ごろから牛乳を極端な量を飲ませないようにしたり、バランスの良い食事を心がけるなど、ちょっとした工夫で予防できますので、注意してみてくださいね。