介護脱毛したいけれど、VIOのムダ毛が白髪になったらNG?!

介護脱毛したいけれど、VIOのムダ毛が白髪になったらNG?!

この記事では、介護脱毛はVIOのムダ毛が白髪になったらできないのかについて、お話します。介護脱毛をしたいけれど、VIOのムダ毛に白髪が混じっていて、できるのかどうか不安という方は、良かったら参考にしてみてくださいね。

 

介護脱毛は白髪NG?
介護脱毛が注目を集めている

近年、介護脱毛という言葉がよく聞かれるようになりましたが、これは介護が必要となる前に、デリケートゾーンであるVIOの脱毛をしておくことを指しています。Vはビキニライン、Iは女性器の両サイド、Oは肛門周りのことですが、恥ずかしくてなかなか脱毛に通うのは気が引けるという方も多いかもしれません。でも、VIOの脱毛をする人はとても多く、女性だけではなく男性も行う人がいますよ。

 

VIOの脱毛をすることで、ムダ毛を気にせず好きなファッションを楽しむことが出来るだけでなく、陰部が蒸れずに皮膚を清潔に保つことが出来るというメリットがあります。また介護脱毛は、将来介護が必要となった時、介護する側の負担を減らすことに加えて、オムツで蒸れて皮膚の状態が悪くなってしまったり、感染症を患ってしまったりすることを防ぐことを目的として行う人が多いです。

 

VIOのムダ毛が白髪になったら介護脱毛はNG?

私自身も、ママ友から介護脱毛としてVIOの脱毛に通わないかと誘われましたが、その際に「VIOのムダ毛が白髪になったら脱毛が出来なくなる」という話を聞きました。これは、脱毛の方法が関係しています。脱毛には種類がありますが、その中でも光脱毛やレーザー脱毛は、「毛」の黒い色に反応して脱毛をする仕組みです。ですから、白髪になってしまった毛には反応せず脱毛が困難となってしまうため、白髪はNGです。では、白髪では介護脱毛はできないのでしょうか?

 

白髪でも介護脱毛できるケースはある?

先ほどの項目で、白髪は脱毛の種類によっては脱毛できないというお話しましたが、電気針脱毛であれば、白髪でも脱毛できます。私自身、VIOではありませんが別の体の部位を電気針脱毛しました。これは一つ一つの毛穴に電気針をさして、高周波の電流の熱で毛乳根を破壊させる方法です。ですから、特に白髪だからといって、施術ができないということはありません。ただ、この電気針脱毛は痛いし高額です。ですから、事前の話をよく聞いて、体験してみて納得してから利用するようにするのがおすすめです。

 

まとめ

VIOのムダ毛が白髪になってしまったら、介護脱毛はできないとあきらめる必要はありません。脱毛の種類によっては、施術を受けることが可能な場合がありますので、色んな脱毛サロンをチェックしてみてくださいね。